アーキテクトマインド|学習・教育到達目標


学習・教育到達目標|大学院の学習・教育到達目標
-
学習・教育到達目標のうち、「アーキテクトマインド」は本学の教授であられた大江宏先生が、常日頃、提唱されていたものである。 この7項目は、建築学科の到達目標としてかねてから提案されていた文言を趣旨に従いつつ、箇条書きに改めたものである。
-
-
「アーキテクトマインド」について学ぶ
1)総合デザイン(Holistic Design)力について学ぶ。
2)建築が歴史および文化と不可分であることを学ぶ。
3)グローバルな視点と持続可能な環境を見すえた倫理観を習得する。
4)人間の安心、安全、快適を保障する建築知識および建築技術を習得する。
5)技術や実用性に芸術性を加えることで、人に感動を与える「もの」の制作が行なえることを学ぶ。
6)自然科学と社会科学および情報技術に関する知識とその応用能力を習得する。
7)さまざまなレベルでの表現能力、コミュニケーション能力を習得する。
-
【解説】
それぞれの学習・教育到達目標の略称とその主旨を以下に記した。
-
「アーキテクトマインド」について学ぶ 
古代ギリシャ語を語源とするアーキ(最高の)+テクチュア(技術)を身につけた「アーキテクト」になるためには、 工学の知識と理性だけでなく、芸術、歴史、文化、思想、社会、経済をも包括する美系の感性と文系の知性をあわせ持つことが不可欠であり、 個々人が建築との間に的確な立脚点を定めながら、その全体性を探求し続けることが求められる。
今日の建築世界は、その専門の分化と多様化により、相互の間を取り結ぶべき連続性を失って、すべてが断片として孤立する不毛な時代に陥った。 ときに、「技術」と「芸術」の対立は、建築の全体性の概念をも破壊しようとした。
いま、われわれはそれを取り戻し、芸術のなかにも技術的属性が要求されるし、また技術のなかにも芸術的資質が必要であることを自覚しなければならない。 こうした建築の全体性は個々人のなかにつくり続けられるものであって、すべては個人の知識と感性の総体によって創出される。 これこそが、法政建築の目指す「アーキテクトマインド」であり、その素質がわれわれの第一義である。
-
1)【総合デザイン力】総合デザイン(Holistic Design)力について学ぶ
工学をベースとしながら、他の学問分野との知識の融合による正しい価値を創造し、 デザインする工学としての総合デザイン力と技能を身につける。建築の問題を幅広い観点から捉え、解を自主的かつ継続的に見出す力を養う。
-
2)【文化性】建築が歴史および文化と不可分であることを学ぶ。
歴史と文化という視点は他の工学分野と建築を峻別する。建築とは異文化への造詣を養い、過去を参照しながら、現在および未来を志向するものである。
-
3)【倫理観】グローバルな視点と持続可能な環境を見すえた倫理観を習得する。
地球環境をいかにして保持するかが建築・都市・環境に関わる専門家の倫理観の根幹とならなくてはならない。建築デザインは社会的責任を伴うものであることを理解する。
-
4)【建築の公理】人間の安心、安全、快適を保障する建築知識および建築技術を習得する。
建築の初源がシェルターであるとするなら、安全、安心、快適はそれほどまでに建築の根源的な公理である。建築が健全な社会の礎を担うことを学ぶ。
-
5)【芸術性】技術や実用性に芸術性を加えることで、人に感動を与える「もの」の制作が行なえることを学ぶ。
技術と芸術の両立は永遠のテーマである。建築がそのふたつの要素の統合を果たしたとき、人に感動を与えることができる。
-
6)【教養力】自然科学と社会科学および情報技術に関する基礎知識とその応用能力を習得する。
建築の背景となる社会的な要請を論理的に分析し、理解することは建築を構想する土壌となる。 数学、物理学などの自然科学および情報技術に関する知識が客観的で総合的な見識の基礎であることを理解する。
-
7)【表現力】さまざまなレベルでの表現能力、コミュニケーション能力を習得する。
建築することとは統合することであり、統合するためにはコミュニケーションやチームワークが不可欠である。 そのスキルを担う、さまざまなレベルでの表現能力の涵養が社会を見据えた提案能力を培う。
-
本学科の学習・教育プログラムは、2013年度の日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けています。
プログラム区分:エンジニアリング系学士課程
プログラム名称:建築学科
-
※日本技術者教育認定機構(JABEE:Japan Accreditation Board forEngineering Education/設立1999年11月19日)は 技術者教育プログラムの審査・認定を行う非政府団体です。認定・審査は、大学など高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが、 社会の要求水準を満たしているかどうかを公平に評価し、認定するために行われる事業です (JABEEのホームページより抜粋)。
-
【付属資料】
日本技術者教育認定基準
基準1 学習・教育到達目標の設定と公開
-
下記の(a)-(i)の各内容を具体化したプログラム独自の学習・教育到達目標が設定され、広く学内外に公開されていること。 当該プログラムにかかる教員および学生に周知されていること。
-
(a) 地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
(b) 技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、及び技術者が社会に対して負っている責任に関する理解
(c) 数学及び自然科学に関する知識とそれらを応用する能力
(d) 当該分野において必要とされる専門的知識とそれらを応用する能力
(e) 種々の科学、技術および情報を活用して社会の要求を解決するためのデザイン能力
(f) 論理的な記述力、口頭発表力、討議等のコミュニケーション能力
(g) 自主的、継続的に学習できる能力
(h) 与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる能力
(i) チームで仕事をするための力