2019年度、2020年度の大江宏賞が決定しました。


3月20日(2020年度開催)、3月27日(2019年度開催)に大江宏賞公開講評審査会が開催されました。
選抜された5名ずつが発表を行い、お二人が大江宏賞を受賞しました。

2019年度 野藤 優 「歩く都市横断 ―ロングトレイルによる非効率的経験とその価値化―」赤松研究室 (OB)

DSC00325

2020年度 渡辺 道也 「空間遺棄時代のフラグメンツ ―日本行脚2019にみる都市的創成物が織りなす風景記―」 北山研究室

DSC00325

2019年度は1年越しの開催となりましたが、皆様のご協力により無事開催出来たことに深く感謝申し上げます。